Column

コラム

BELSは5つ星まで取得しないとダメ?ラベリング制度の違いとランクの特徴をプロが解説【2022年最新】

BELS(建築物エネルギー性能表示制度)の評価基準についてお考えですね。

結論からお伝えすると、1~5つの星で評価されるBELSは、将来を見越して5つ星の取得を目指すのがおすすめです

現在日本政府では、2030年までにBELSの上位互換であるZEB・ZEHを対象とした「新築公共建築物の平均ZEB化」を目標として掲げています。住宅・非住宅においてZEB・ZEHの評価を取得するためには、BELSで5つ星を獲得しておく必要があるのです

今後のZEB・ZEH化に向けて、今のうちからBELS5つ星を目指す姿勢は重要だと言えます。

しかしながら、実際にBELSで5つ星の獲得を目指すのは簡単ではありません。BELS評価を計画的に上げていくためにも、BELS評価の仕組みや高評価を獲得している具体的物件事例について知っておく必要があります。

この記事では、BELSというラベリング制度の概要や、5つ星を目指すべき理由について詳しく解説し、BELSの5つ星およびZEB・ZEHを意識した省エネ建築物を建てる魅力についてお伝えします。

今後のZEB・ZEH化を見据えた物件価値向上を目指している方は、ぜひ参考にしてください。

BELSとは?

BELSとは、新築および既存建築物の「省エネ性能」を第三者機関が評価して認定するラベリング制度のことです。

ラベリング制度は、世界各国で様々な制度が設けられています。日本国内においては、BELSが有名かつ信頼性の高いラベリング制度となります。

 

BELSとは?

出典:環境省 ZEB POTAL

 

BELSは、建築物省が公開している省エネ法第7条に基づいており、建築物の省エネ性能を5段階の星で評価しています

以下に示す2つの評価項目から性能を確認することで、星の数が決定されます。

  • 外皮性能(建築物の外壁、屋根、窓等がもつ断熱性といった性能)
  • 一次エネルギー性能(空調設備や照明設備等が消費するエネルギー)

 

それでは、なぜ建築物のエネルギー性能を、星を用いることで「見える化」しているのでしょうか。

BELS評価を「見える化」理由は、評価を受ける人だけでなく、ESG投資家や不動産購入者にとってもメリットがあるからです。

近年、ESG投資家という環境に配慮した企業に対して積極的に投資活動を行う投資家が増えています。そのような投資家が投資対象を決めるにあたって重要なのが、このBELSという指標です。

また、SDGsといった持続可能な開発目標の中でも省エネが謳われており、世界を通して環境問題に対する意識が高まっていると言えます。

BELSの概要について、より詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

参考:BELSの種類や計算方法、取得するメリットから費用まで、専門家が徹底解説

BELSとZEB・ZEHの違い

BELSと似た概念として、よく耳にするのがZEB・ZEH(ゼブ・ゼッチ)です。

ZEB・ZEHは、BELSの上位互換ポジションにある評価基準で、次のような違いがあります。

 

  • ZEB(Net Zero Energy Building):ビルに対するBELSの上位互換

BELSとZEB/ZEHの違い

出典:環境省 ZEB POTAL

 

  • ZEH(Net Zero Energy House):住宅に対するBELSの上位互換

出典:経済産業省 資源エネルギー庁「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業調査発表会2019」

 

ZEB・ZEHの評価は、BELSが持つ省エネ基準よりも高度なものであり、年間の一次エネルギー消費量をゼロ以下に抑える必要があります。そのため、ZEB・ZEHを取得するためには、BELSの5つ星評価が必須となります

政府は、2030年までに「新築公共建築物の平均ZEB化」を目指しているため、今のうちからBELSで5つ星を獲得できるよう準備をしておくと良いでしょう。

BELS取得をプロがサポート!「環境・省エネルギー計算センター」に無料で相談しよう!

BELSで5つ星評価を取得するためには、BELSによるラベリング制度の特徴や、多くの企業が目標とする上位互換のZEB/ZEHなど、評価基準や適用条件といった専門的な知識を学ぶ必要があります

しかし、これらの情報を1つずつ調べるのは時間がかかります。また勉強したからといって、目標とする星の評価を獲得できるとは限りません。

BELSを取得するためには、その制度を幅広く理解した「専門的な知識」が必要なのです。

BELSで高い評価を得たい方は、過去実績が1,000件を越える当社「環境・省エネルギー計算センター」にご相談ください。無料で対応しています。

BELS取得に特化した専門家が、素早くあなたのお悩みを解決いたします。

BELSのランクについて

BELSは、1~5つ星のランクで評価されます

星の数は省エネ性能の高さを表しており、以下に示すように分類することが可能です。

 

BELSのランクについて

出典:環境省 ZEB POTAL

 

星の評価は「評価値」と「用途」で変化し、住宅・非住宅によって評価のも評価の値が異なります。

建築物の「一次エネルギー消費量」と「外皮性能」から算定された値(BEI)が、表内の値を満たしていれば星として評価される仕組みです。

それぞれの星の特徴は次のように分かれており、星の数が多いほどESG投資家や不動産購入者からの評価が高まります。

  • 1つ星:既存建築物の省エネ基準(最低値)
  • 2つ星:新築建築物の省エネ基準(最低値)
  • 3つ星:省エネ性能の向上を誘導すべき基準でありスタンダードな評価値
  • 4つ星:BELSの中でも高い評価値であるが、5つ星を目指すのが望ましい
  • 5つ星:BELSの最高評価であり、さらに計算値が高ければZEB・ZEHの取得が可能

星の数を増やすためには、外皮性能の向上もしくは一次エネルギー消費量を削減する必要があります。新築の場合は計画時に、既存建築物の場合は改修工事の際に対応する必要があります。

BELSは5つ星を満たすべき?

2022年現在において、BELS取得の条件は、新築建築物の場合は2つ星以上、既存建築物の場合は1つ星以上です。しかし、BELS取得に向けて金額的・時間的に余裕がある方は今のうちから5つ星獲得を目指すことをおすすめします

その理由は、大手建築会社である住友グループの下記発表が関係しています。

■以下 住友グループの発表
国が進めるベルスBELS(建築物省エネルギー性能表示制度)の最高ランクである5つ星に標準で対応しています。当社は戸建注文住宅についてBELSを全棟で申請しています。BELSは新築・既存の建築物の省エネ性能を第三者評価機関が評価し認定する制度で、建物の省エネ性能、資産価値を示す指標となります。BELSの全棟申請は大手ハウスメーカーでは初めての取り組みです。」

住友林業株式会社~BELSの最高ランク5つ星に対応 断熱材・構造材・窓でしっかり断熱「360゜TRIPLE(トリプル)断熱」標準採用~より引用

この発表を受けて、多くの企業がBELSの最高ランクである5つ星の取得に乗り出しています

実際にBELS取得にあたって、新たに建築する場合であれば、初期段階から高評価獲得のBELSを取得した建築物を建てることが可能です。しかし、既存の建築物であれば追加改築などにより費用負担が増えてしまうので、新築を検討している方はぜひBELSを意識して探してみると良いでしょう。

BELS5つ星の取得事例を3つ紹介

近年、BELS5つ星の取得を目標に動いている企業が増えています。すでに様々な物件が5つ星を獲得しています。

一般社団法人 住宅性能評価・表示協会」では、BELSを取得した物件を簡単に確認することが可能です。この記事では、以下に示す取得内容が異なる3つの物件について解説していきます。

  • 住宅:BELS5つ星取得
  • 非住宅:BELS5つ星取得
  • 非住宅:BELS5つ星取得+ZEB取得

それぞれ詳しく見ていきましょう。

事例① 住宅:BELS5つ星取得

下記は「住宅」を対象としてBELS評価が行われた物件です。

住宅用途の基準である0.8を満足し、5つ星を獲得しています。

出典:一般社団法人 住宅性能評価・表示協会

 

事例② 非住宅:BELS5つ星取得

下記は「非住宅(テナント)」を対象としてBELS評価が行われた物件です。

非住宅用途2の基準である0.7を大きく上回り、5つ星を獲得しています。

出典:一般社団法人 住宅性能評価・表示協会

 

事例③ 非住宅:BELS5つ星取得+ZEB取得

下記は「非住宅(ビル)」を対象としたBELS評価が行われた物件です。

BELSの評価を大きく上回る0.38という値を出し、5つ星を獲得しています。

また、ZEB・ZEHの中でもZEB Readyの省エネ削減条件である0.50という基準を満たしていることから、5つ星に併せてZEB Readyを取得しています。

出典:一般社団法人 住宅性能評価・表示協会

 

BELS5つ星よりも上位のZEB・ZEHを目指す企業も

SDGsの浸透によって国としても総力を挙げて、BELS化に取り組んでいます。2030年までに「新築公共建築物の平均ZEB化」という目標が掲げられているため、今では多くの企業が「BELS5つ星取得」と「ZEB・ZEH取得」に向けて省エネ建築物の準備を進めている状況です。

ZEB・ZEHが標準化された場合、ESG投資者や不動産購入者はBELSが取得された物件に対する投資が当たり前になるため、BELS評価を受けた物件に対する投資・購入する理由がなくなってしまいます。

BELS5つ星を目指している方は早めの獲得を目指し、今のうちからZEB・ZEHの評価獲得を視野に入れておくと良いでしょう

5つ星のBELSを取得するメリット

BELSの5つ星を取得することができれば、対象建築物に様々な価値を付与することができます

BELSを取得する上で最も大きなメリットは、星の評価を公式でアピールすることで物件価値の向上に繋げることができる点です。5つ星という最高ランクをアピールすることで、ESG投資家や不動産購入者に対して、星というビジュアルで訴求できます

また、BELSは第三者機関によって評価される信頼度が高い指標であるため、入居者からも信頼を得ることができます。BELSで5つ星を取得しておくことは、入居者の募集という観点でも大きなメリットがあると言えるでしょう。

最後に、BELS5つ星取得に併せてZEB・ZEHの取得を目指す場合、様々な補助金制度を利用できます。関連設備の費用のうち一部を負担してくれるお得な制度も充実しているので、補助金制度を活用して動いてはいかがでしょうか。

BELSを評価する2つの方法

BELSは、評価の星ごとに基準値が設定されています。この基準値は、次に示す2つの評価方法により算出されています。

  • モデル建物法:決められたモデルに基づき、調査箇所を絞って評価を行う
  • 標準入力法:対象建築物全体を調査して緻密な評価を行う

「モデル建物法」は、時間がかからず低コストで利用できるため、多くの評価調査で利用されている手法です。ただし、緻密な計算を行わないことから、評価値が低く見積もられるといった特徴があります。

一方、「標準入力法」では、対象箇所を1つずつ調査していくため、時間とコストがかかります。モデル建物法で目標の星の数が満足できなかった場合に利用されることが多く、時間が掛かる分、評価値が若干高く出される傾向があります

BELSの評価値(BEI)の算出を行うという目標は同じですが、その精度に差が出るため、使い分けて利用されます。

BELS取得をプロがサポート!「環境・省エネルギー計算センター」に無料で相談しよう!

この記事では、BELS(建築物エネルギー性能表示制度)の評価基準と5つ星を取得すべき理由についてお伝えしました。

2030年を目標とした新築公共建築物の平均ZEB化に対して、BELS5つ星、そしてZEB・ZEHの認定を取得したいと考えているのなら、過去実績が1,000件を越える「環境・省エネルギー計算センター」に無料でご相談ください。

多くの調査会社が「モデル建物法」「標準入力法」のうち1つのサービスしか対応できない中「環境・省エネルギー計算センター」では、両方の評価方法に対応できます。

BELS取得の専門家が、適正価格で素早くあなたのお悩みを解決いたします。

お気軽にお問い合わせください

このコラムに関して詳細を確認したい場合や、省エネ計算届出に関しての質問などはお気軽にお問い合わせください。

省エネ計算
お役立ち情報

環境・省エネルギー計算センターでは、メルマガ限定のお得な各種キャンペーン情報や最新ニュース・コラム・セミナー情報などの省エネ関連お役立ち情報を定期的に配信します。

見積り依頼、お問合わせなどお気軽にご相談ください!
お電話でのお問合わせ
03-5944-8575 受付時間 平日 9:30~18:30
メールフォームでのお問合わせ

ちょっとした疑問などでも
お気軽にご連絡ください

無料見積もりお問い合わせ

メルマガ限定キャンペーン
・省エネ計算お役立ち情報

メルマガ登録

3分でいくら受給できるか
診断しませんか?

補助金・助成金診断
PAGE TOTOP