Column

コラム

CASBEEのランクとは?ランク毎の評価基準とSランクになるために必要なこと

CASBEE(建築環境総合性能評価システム)とは、建築物の環境性能の評価・格付け制度です。CASBEEは、建築物だけではなく周りの環境への影響も考慮している点が特徴的です。

CASBEEの評価は「S」や「A」などとランク化されており、高いランクほど環境性能に優れた建築物として認証されます。

この記事では、CASBEEのランクについて評価基準や実例を分かりやすく解説します。ぜひ参考にしてください。

CASBEE(建築環境総合性能評価システム)とは?

CASBEEとは、「建築環境総合性能評価システム」のことで、Comprehensive Assessment for Built Environment Efficiencyの頭文字を取っています。

CASBEEは日本で開発された評価システムで、国土交通省と一般社団法人建築環境・省エネルギー機構が主導して開発しました。

CASBEEの特徴は、建築物の環境性能と建物外部に対する環境負荷の、2つの要因を明確に評価することにあります。従来の環境性能評価は、建築物のみの評価(断熱や省エネなど)、もしくは外部への環境負荷(CO2排出など)を別個に評価し、曖昧な評価部分が残っていました。

対してCASBEEは、建築物の周りに仮想閉空間を考えることで、外部への環境負荷を明確にしています。最新の環境性能評価システムとして運用しながら、現在も開発・メンテナンスが行われています。

CASBEEは、対象建築物や目的に応じて細かく分類されています。これらを、CASBEEファミリーと呼びます。

この記事ではCASBEEファミリーの中の「CASBEE建築」「CASBEE不動産」「CASBEEウェルネスオフィス」の3つのランクについてお伝えします。

取得すべきCASBEEの種類は?

CASBEEには複数の種類があり、選び方が難しいです。

竣工1年以内の建築物は「CASBEE建築(新築)」、竣工1年以上経過した建築物は「CASBEE不動産」の取得が可能です。

CASBEE不動産の対象建築物は、事務所・商業/店舗・工場/物流施設・共同住宅です。なお、新築、竣工経過に関わらずオフィスの場合は「ウェルネスオフィス」の取得が可能ですので、検討しても良いでしょう。

CASBEE建築は、設計段階から検討に入ることで建築工事前にランクアップの提案や整理ができるため、高ランクが狙えます。

対して、CASBEE不動産は既に竣工後の建築物が対象になるので、できる施策が限られています。

CASBEEの取得を検討中の方は、一度弊社に無料でご相談ください。

CASBEEのランクとは

CASBEEは評価によってランクが付けられます。各種類によって評価基準が違い、4〜5段階で評価されるのです。

下記がCASBEEの種類ごとのランク一覧です。

種類ランク
CASBEE建築5段階(S,A,B+,B-,C)
CASBEE不動産4段階(S,A,B+,B)
CASBEEウェルネスオフィス5段階(S,A,B+,B-,C)

次章からは、CASBEE建築、CASBEE不動産、CASBEEウェルネスオフィスのランクについて詳しく紹介します。

CASBEE「建築」のランク・評価基準

CASBEE建築は、延べ床面積300平方メートル以上の建築物が取得可能です。

外皮性能、耐震性能などはもちろん、空間の快適度、建築物内外の緑化度を向上させ、自然エネルギー利用などが導入されている点が特徴です。

CASBEE建築はS,A,B+,B-,Cの5段階のランクで評価され、BEE(Built Environment Efficiency)と呼ばれる環境性能効率の値が高ければS、低ければC、というように値に応じてランク付けされます。

環境性能効率は建築物の環境品質と環境負荷により算出される値で、下記の計算式で求められます。

環境性能効率(BEE)=環境品質(Q:Quality)÷環境負荷(L:Load)

なお、環境品質・管理画面はともに100点満点です。

「B+」が標準的であると判断されるランクで、民間認証を取得する場合「B+」以上を目指す建築物が多いです。

Sランク

Sランクは、BEE3.0以上かつ環境品質の値が50点以上の場合に与えられます。

Aランク

Aランクは、BEE1.5~3.0を取る必要があります。Sランクには満たないものの、環境性能は普通の建築物より高いと評価されます。

B+ランク

B+ランクは、BEE1.0~1.5であることを示します。環境性能は、標準的と判断された評価です。

Bーランク

B-ランクは、BEE0.5~1.0であることを示します。建築物の環境性能が標準より劣っていることを示します。

Cランク

Cランクは、BEE0.5以下であることを示します。建築物の環境性能は、非常に劣っていると判断されます。設計段階で改善が推奨されます。

CASBEE「不動産」のランク・評価基準

CASBEE不動産は、竣工(運用後)1年以上を経過した既存建築物(オフィスビル、店舗、工場/物流、共同住宅)を対象としています。

CASBEE不動産は、環境性能を簡易的・客観的に表示し、不動産取引等をサポートする目的で運用されているのです。

CASBEE建築の1/5程度の評価項目と評価基準となり、以下の5つの大項目で評価されます。

  1. エネルギー/温暖化ガス(35点満点)
  2. 水(10点満点)
  3. 資源利用/安全(20点満点)
  4. 生物多様性/敷地(20点満点)
  5. 屋内環境(15点満点)

CASBEE不動産はS,A,B+,Bの4段階のランクで評価され、最低のBランクであっても、環境性能においては「必須項目を満たしている」と評価されます。

Sランク

Sランクは、合計得点が78点以上で取ることができます。

Aランク

Aランクは、合計得点が66点以上で取ることができます。Sランクには満たないですが、環境性能が「大変良い」建築物と評価されます。

B+ランク

B+ランクは、合計得点が60点以上ということを示します。環境性能が「良い」建築物と評価されます。

Bランク

Bランクは、合計得点が50点以上ということを示します。

CASBEE「ウェルネスオフィス」のランク・評価基準

CASBEEウェルネスオフィスは、建物利用者の健康性・快適性の面から建築物を評価するシステムです。

オフィスビルが主な対象建築物で、複合用途ビルの場合には、オフィス用途の部分を対象に評価されます。

CASBEEウェルネスオフィスは、5段階評価(S,A,B+,B-,C)で表されますが、環境効率とは別の考え方であるためBEEは用いられません。以下の5つの大項目から評価されます。(各合計100点満点)

  1. 健康性・快適性
  2. 利便性向上
  3. 安全性確保
  4. 運営管理
  5. プログラム(メンタルヘルス対策など)

CASBEE建築同様、標準的であると判断されるランクが「B+」なので、最低でも「B+」を目指しましょう。

Sランク

Sランクは、総合得点75点以上で取ることができます。働く人が、非常に快適に利用できると評価された建築物です。

Aランク

Aランクは、総合得点65点以上で取ることができます。Sランクには満たないですが、働く環境として優れている建築物と評価されます。

B+ランク

B+ランクは、総合得点50点以上で取ることができます。快適性としては、「標準もしくは標準より良い」と評価されます。

Bーランク

B-ランクは、総合得点40点以上であることを示します。建物利用者は、標準的な建築物よりも快適性を感じることができないと評価されます。

Cランク

Cランクは、総合得点40点未満であることを示します。建物を利用する上で、快適性は低いと評価されます。

CASBEEのランクを取得すべき理由

CASBEEはなるべく取得し高いランクで認証を受けることで、いくつものメリットを享受することができます。

例えば、CASBEE認証を受けている建築物は不動産賃料が高くなる傾向にあり、不動産証券化ジャーナルによると認証を受けていない建築物に比べ平均約4.4%高くなります。

また、サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)などの助成金制度の適応や金融支援・税制優遇などを受けることができる場合もある点も魅力です。

一方、川崎市や横浜市、名古屋市、福岡市など、一部の地方自治体では新築2,000㎡以上の建物で、条例上、CASBEE提出が義務化されており、それらに対応することが必要です。

こちらのページで、全25自治体にあるCASBEE認証の義務化地域についてまとめているのでご確認ください。

CASBEEのランク算出を任せるなら、実績が豊富で安心の「環境・省エネルギー計算センター」に無料で相談しよう!

この記事では、CASBEEのランクについてお伝えしました。ランクの算出基準でもお分かりいただけた通り、CASBEEを取得するには、専門的な知識及びCASBEE評価員の資格が必要です。

CASBEE業務の代行を検討しているのであれば、CASBEEを含む省エネ計算の実績が1,000件を越える「環境・省エネルギー計算センター」に無料でご相談ください。

CASBEE業務に特化した専門家が、適正価格で素早くあなたのお悩みを解決いたします。

お気軽にお問い合わせください

このコラムに関して詳細を確認したい場合や、省エネ計算届出に関しての質問などはお気軽にお問い合わせください。

CASBEEの各ランクにおける事例

最後に、CASBEEの取得ランクのいくつかの事例をご紹介します。

【建築】Aランク|三井不動産ロジスティクスパーク柏

CASBEE建築Aランク|三井不動産ロジスティクスパーク柏

三井不動産株式会社は、工場である「三井不動産ロジスティクスパーク柏」において、CASBEE建築でAランクを取得しています。

参考:CASBEE評価認証一覧(建築評価)

【不動産】Aランク|新宿マインズタワー

【2022年最新版】

大和証券オフィス投資法人は、事務所・店舗・駐車場である「新宿マインズタワー」において、CASBEE不動産でAランクを取得しています。

参考:CASBEE評価認証一覧(不動産評価)

【ウェルネスオフィス】Sランク|竹中技術研究所

竹中工務店は、事務所・店舗・駐車場である「竹中技術研究所」において、CASBEEウェルネスオフィスでAランクを取得しています。

参考:竹中技術研究所がCASBEE-ウェルネスオフィス最高評価の「Sランク」を取得

省エネ計算
お役立ち情報

環境・省エネルギー計算センターでは、メルマガ限定のお得な各種キャンペーン情報や最新ニュース・コラム・セミナー情報などの省エネ関連お役立ち情報を定期的に配信します。

見積り依頼、お問合わせなどお気軽にご相談ください!
お電話でのお問合わせ
03-5944-8575 受付時間 平日 9:30~18:30
メールフォームでのお問合わせ

ちょっとした疑問などでも
お気軽にご連絡ください

無料見積もりお問い合わせ

メルマガ限定キャンペーン
・省エネ計算お役立ち情報

メルマガ登録

3分でいくら受給できるか
診断しませんか?

補助金・助成金診断
PAGE TOTOP