Column

コラム

省エネ計算見積金額の考え方

今回は、当センターの省エネ計算の見積りの考え方についてお伝えさせて頂きます。

 

 

住宅

以下の考え方により金額を決定しています。

・間取りのタイプ(Aタイプ、Bタイプ、Cタイプ・・・・、分譲マンションなどの住戸タイプです。)毎に省エネ計算をする必要がありますので、タイプ数が増えれば増えるほど、比例的に金額が上がります。同じタイプ数でも、階高の違いなどがあるとその住戸も計算する必要があります。

例えば、①2タイプ:延床面積2,000㎡の物件と、②15タイプ:延床面積500㎡の物件ですと、②の方が延床面積は小さいですが、タイプ数が多いため、金額は高くなります。

・間取りタイプの複雑さは影響されます。メゾネットタイプなどは計算が複雑になります。

・共用部は延床面積が大きくなれば比例的に金額は上がります。

 

 

非住宅

以下の考え方により金額を決定しています。

・延床面積が大きくなればなるほど、計算対象面積が増加するため、比例的に金額が上がります。

・断熱材が、屋根か天井かにより、屋根断熱で計上が複雑な場合などは金額が上がります。

・外皮の形状が複雑な場合は金額が上がります。

これらを複合的に判断して見積金額は決定しております。

福祉施設、高齢者施設、保育園、病院などは複雑な形状や屋根断熱などにより、金額が上がる可能性があります。

一方、(事務所用途を含まない、もしくは事務所用途が軽微な)工場は、簡易計算ができますので、最安値で対応できます。以下のコラムも参考にしてください。

https://www.ceec.jp/column/2020/05/29/low_cost/

店舗で完了検査までに空調が入らない場合(完了検査後、テナント工事により設置の場合など)は外皮計算が必要なくなりますので、最安値で対応できます。

 

複合建築物

1-3階:店舗・事務所など、4階以上:共同住宅の場合は、非住宅計算と住宅計算のそれぞれの計算が必要になります。

1階:店舗、2-5階:事務所の場合は、非住宅のみになりますが、店舗モデルと事務所モデルで2用途で計算をする必要があります。

お気軽にお問い合わせください

このコラムに関して詳細を確認したい場合や、省エネ計算届出に関しての質問などはお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

省エネ計算
お役立ち情報

環境・省エネルギー計算センターでは、メルマガ限定のお得な各種キャンペーン情報や最新ニュース・コラム・セミナー情報などの省エネ関連お役立ち情報を定期的に配信します。

見積り依頼、お問合わせなどお気軽にご相談ください!
お電話でのお問合わせ
03-5944-8575 受付時間 平日 9:30~18:30
メールフォームでのお問合わせ

ちょっとした疑問などでも
お気軽にご連絡ください

無料見積もりお問い合わせ

メルマガ限定キャンペーン
・省エネ計算お役立ち情報

メルマガ登録

3分でいくら受給できるか
診断しませんか?

補助金・助成金診断
PAGE TOTOP